オリゴ糖が虫歯をなくす?

トップページ > オリゴ糖が虫歯をなくす?

オリゴ糖が虫歯をなくす?

ほとんどの方は、甘いものを食べ続けていると虫歯になってしまうということを聞いたことがあるでしょう。そのようなことから、虫歯にならないために、甘いものを我慢してきた方も多いことでしょう。

 

それでは、虫歯になりやすい甘いものとはいったいどのような食べ物でしょう。代表的なものが糖分の一種である砂糖です。虫歯のもとになる虫歯菌はもともと口の中に存在しますが、その虫歯菌は砂糖をエサにして増えていきます。そして、歯の表面にネバネバした物質を作り、その中に虫歯菌が入り込むことでプラークというものができます。

 

プラークの中に入りこんだ虫歯菌は、糖質を利用して酸を作り出します。この酸が歯のエナメル質に作用して、歯が溶け、これが虫歯となります。

 

また、糖質は、砂糖のみならず、米やパンにも含まれています。そのため、日常の食事をしていても虫歯菌にとってエサとなる糖質は口の中に入ってしまっています。そのようなことを考えると、オリゴ糖も糖の一種なので、虫歯と関係性があるように感じることでしょう。

 

しかし、オリゴ糖を摂取したからといって虫歯菌が増えることはありません。なぜなら、オリゴ糖は、糖という言葉が入っていますが、砂糖とは別の物だからです。そのため、オリゴ糖を摂取しても、口の中で虫歯菌が増えることはありません。

 

つまり、オリゴ糖を摂取しても、摂取量をきちんと守りさえすれば、虫歯になることはないということです。例えば、コーヒーを飲むときには、砂糖の代わりにオリゴ糖を加えてみるだけでも虫歯になる可能性を減らすことができるでしょう。