乳酸菌の餌になるオリゴ糖

トップページ > 乳酸菌の餌になるオリゴ糖

乳酸菌の餌になるオリゴ糖

オリゴ糖と乳酸菌の共通点は、便秘に効果を現わしてくれるという点です。

 

では、その乳酸菌とはいったいどのような成分なのでしょう。

 

まず、乳酸菌というのは、腸の中を酸性の状態にするという性質があります。また、腸の中で悪さをする悪玉菌は、酸性の状態では生きていくことができません。

 

つまり、乳酸菌が腸の中にあることで、悪玉菌が腸内で活動することができないということです。また、腸内が酸性の状態になると、体にいろいろな効果をもたらしてくれます。

 

まず、体の免疫力が向上します。

 

免疫力が向上するということは、病気に強い体にすることができたり、命を奪う恐ろしい病気の1つであるガンを予防したり、がんの再発を防いでくれたりします。そんな、乳酸菌が含まれている食べ物として代表的なのはヨーグルトや乳酸菌が挙げられます。

 

ただ、乳酸菌には弱点があり、それは、口から体内に取り入れた場合、徐々に働きが弱くなっていってしまって、腸に着くころには、ほとんどの乳酸菌は生きていないということです。また、腸の中に着いたとしてもすぐに排出される点も弱点です。ヨーグルトいう形で乳酸菌を体内に取り入れた場合には、1週間ほど継続して摂取しなければ効果がありません。

 

では、乳酸菌を腸の中で活動させるためにはどのようなことをすればいいのでしょう。それは、乳酸菌とオリゴ糖を同時に体内に取り入れることです。この2つを同時に取り入れることで、ビフィズス菌も腸内で多くなりますので、同時に体内に取り入れることが有効です。

 

例えば、ヨーグルトを食べるときには、砂糖ではなく、オリゴ糖を加えるというのは理想の組み合わせです。ヨーグルトとオリゴ糖は、腸内環境を正常化してくれ、毎日でも続けることができるかと思いますので、ぜひ試してみてください。