オリゴ糖は血糖値を上げない!糖尿病対策に効果抜群

オリゴ糖と血糖値の関係

最初に結論を言ってしまうと、オリゴ糖は、糖という言葉がついていますが、血糖値を上げることがありません。血糖値が高い方というのは、糖分をあまり摂らないようにする必要があり、血糖値が高い方は砂糖を摂らないようにいわれるのはこのような理由からです。

 

では、血糖値が高い状態をそのままにしておくとどうなるかというと、重大な病気である糖尿病になってしまいます。糖尿病は、それ自体はそこまで怖い病気ではありませんが、合併症を起こすと大変危険で、糖尿病になってしまうと、二度と治ることはない病気とされています。

 

つまり、血糖値が高い方は、糖分を摂らないようにして、糖尿病にならないようしていくことがもとめられるわけです。

 

では、糖分を摂らないようにするためにはどのようなことをすればいいのでしょう。私たちが普段食べている食事には砂糖が使用されているものが多く、お菓子類になると砂糖はかなり高い確率で含まれています。

 

そんなときにオリゴ糖が役に立ちます。オリゴ糖は、血糖値を上げない性質を持っていると述べました。オリゴ糖は、砂糖と同等の甘みがあるため、サトウの代わりにオリゴ糖を使うという方法が考えられます。

 

では、どのようなときに砂糖に代えてオリゴ糖を使うと良いのでしょう。例えば、コーヒーを飲むとき、お菓子を手作りをするときなどが挙げられます。しかし、そのときには摂取量にも気をつけなければいけません。

 

オリゴ糖は砂糖の代用品とはなりますが、味に関してのみで、砂糖と同じ量を加えてしまうと、オリゴ糖を摂取しすぎてしまうことになり、下痢の症状が出ることになります。普段の食生活を改善することからはじめて、砂糖とオリゴ糖を使い分けるようにすると良いでしょう。

 

糖尿病予防に適している食事をしよう

 

糖尿病の予防をしたいのであれば、普段食べる食事にも気をつけなくてはなりません。まず1日3食ちゃんと食べるようにすること、そしておなかいっぱい食べるのではなく8分目にとどめることは必須です。

 

現代人というのは、朝食を食べなかったり、肉中心の料理を食べてしまう人が多いですし、普段から清涼飲料水などを飲んでいる人が多いです。そのため、気がつかない間に、カロリーを多く摂取してしまいやすいのです。普段からこのような食生活をしていると、糖尿病を発症する可能性は高くなってしまいます。

 

糖尿病の予防をするための食事というと、いろいろな条件が設けられているように思えるかもしれません。糖尿病の治療における食事というのは、いろいろと制限がありますが、予防の場合はそこまで制限があるわけではありません。

 

たとえば、食材として使う野菜などのバランスを考えるようにしたり、炭水化物などを摂取しすぎないようにするというくらいなものです。また、おやつやお酒というのは、極力口にしないようにすることも大切です。また、血糖値を上げないようにコントロールする栄養補給もしたいところ。難しい場合はサプリの利用がおすすめです。参考:糖尿病のサプリメント

 

糖尿病の予防のための食事にお勧めのレシピをひとつご紹介しますから、糖尿病の予防をしたい人は一度作ってみてはいかがでしょうか?

 

なお、フルーツというのは、思いのほか等分が多いですので、あまりフルーツを食べ過ぎないようにしてください。イチゴの場合は15粒、バナナであれば1本に留めるようにしましょう。

 

さて、手軽に作ることができるレシピとして、半熟卵とほうれん草のココットがお勧めです。材料として必要なものは、サラダ油小さじ半分、コショウ少々、パセリのみじん切りを少々、塩0.4g、ほうれん草3束、卵1個、ツナ缶15gです。

 

次に作り方についてですが、はじめにオーブンの温度を180度にしてください。その間に、塩を入れて沸騰しているお湯にほうれん草を入れます。ある程度ゆでたら、ほうれん草を取り出して、水気を絞ります。その後4センチ間隔で切ってください。

 

そして、ツナ缶に入っているツナの油を取り除き、塊をほぐしましょう。フライパンにサラダ油を入れて熱したら、ツナとほうれん草を加熱して、コショウと塩で味付けをします。その後、耐熱皿にツナとほうれん草を炒めたものを盛り付けて、卵を落とします。あとは、アルミホイルを耐熱さらにかけて5分かけてオーブンで焼けば完成です。

肌の保湿ケアにおすすめのマヌカハニー

人の肌質は非常に様々で、大きく分類しても脂症・混合肌・敏感肌・乾燥肌などがあり、その程度も様々です。そして、国によっても肌の様子は異なっているそうで、もともと日本人女性は諸外国の女性に比べると潤いが足りない乾燥気味な肌なのだそうです。諸外国の女性よりも、皮膚のバリア機能や保湿機能に関係するタンパク質が生まれつき少ないのがその原因といわれています。

 

何だか不公平な感じがしますが、生まれ持ったものであれば仕方がありません。このバリア機能や保湿機能に関するタンパク質ですが、これは食生活や生活習慣によって増やすことも可能と言われています。そして、乾燥しやすいというものの、一方でオイリーという困った肌の状態も多いですよね。

 

これはもともとが乾燥体質であるのに、食生活などが皮脂を分泌しやすくしているために皮脂は出る、しかし乾燥もする、という状態です。皮脂が出るので皮脂対策をすると、保湿ができなくなっていっそう乾燥してしまうという悪循環にはまり、これを解決するには根本的な保湿能力を上げるしかありません。

 

さて、こういうときにマヌカハニーを利用することが大切です。マヌカハニーは皮膚の病気の治療にも用いられることがあるそうですが、実は高い保湿効果のある食品です。食品ですが、この場合は食べて使うというよりも、患部に塗っていくようにして使います。高い浸透効果があるために肌に十分な水分を補給しつつ、粘性が高いので外への水分の蒸発は防いでくれますので、水分環境を整えてくれる役割があります。

 

普段のクレンジング剤や洗顔料と一緒に、少量のハチミツを加えると、マヌカハニーの効果が発揮されて、洗顔後の肌のつっぱりが解消されて、しっとりした洗いあがりになります。特に乾燥するとシワが出やすくなりますから、洗顔しながら保湿ができるこの方法はシワ対策にも非常に良いですよ。

 

マヌカハニーを直接顔や乾燥している部分に塗って、ラップをかけてパックにするという方法も大変有効です。ぜひとも試してみて効果を実感してくださいね。

更新履歴